メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  喘息などを呈する謎多き血管炎、対応法は

喘息などを呈する謎多き血管炎、対応法は

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の診療ポイント

2018年07月09日 06:15

5名の医師が参考になったと回答 

 気管支喘息やアレルギー疾患が先行し、末梢血好酸球増多を伴う原因不明の全身性壊死性血管炎である好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)。日常的なアレルギー診療で遭遇する可能性は十分にあるが、その認知度はまだ低く、対応に難渋する医師も少なくない。平塚市民病院(神奈川県)アレルギー内科部長の釣木澤尚実氏は、EGPAの診療におけるポイントを第67回日本アレルギー学会(6月22~24日)で解説した。〔読み解くためのキーワード:好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  喘息などを呈する謎多き血管炎、対応法は