メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  CRPC診断時の皮下脂肪が予後を予測

CRPC診断時の皮下脂肪が予後を予測

【海外短報】

 2018年07月09日 06:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)診断時の皮下脂肪は患者の予後を予測する因子の1つであると、韓国のグループがJ Urol2018; 200: 114-120)に発表した。

 同グループは、2009年9月~17年3月にCRPCと診断された282例を対象に、身体組成パラメータにより予後予測が可能かどうかを検討した。CRPC診断時のCTデータから皮下脂肪指数、内臓脂肪指数、骨格筋指数をそれぞれ39.9cm2/m2、58cm2/m2、52.4cm2/m2で二分し、生存解析を行った。

 その結果、CRPC診断時の皮下脂肪指数は前立腺特異抗原値、Gleasonスコア、全身状態、アンドロゲン遮断療法からCRPC診断までの期間とともに、がん特異的生存の独立予測因子であった。

 追跡期間の中央値は16.0カ月で、皮下脂肪指数39.9cm2/m2以上群は未満群に比べてドセタキセルによる化学療法の施行コース数が多く、1年無病生存率(P=0.009)および2年がん特異的生存率(P=0.021)がいずれも有意に良好であった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  CRPC診断時の皮下脂肪が予後を予測

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08514950 有効期限:8月末まで