メニューを開く 検索を開く ログイン

PI3K阻害薬taselisib、進行乳がんの予後改善

ER陽性PIK3CA変異陽性例におけるフルベストラントとの併用投与:SANDPIPER

 2018年07月11日 06:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 PIK3CA変異を有するエストロゲン受容体(ER)陽性HER2陰性の閉経後乳がん患者に対し、抗エストロゲン薬フルベストラントと選択的ホスファチジルイノシトール3キナーゼ(PI3K)阻害薬であるtaselisib(GDC-0032)の併用効果を検討したSANDPIPER試験では、プラセボ併用と比べて無増悪生存期間(PFS)が有意に延長したとの結果が示された。ただし、フルベストラントとtaselisibの併用例では忍容性の問題により試験薬の使用を中止した頻度が高かったという。米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのJosé Baselga氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018、6月1~5日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  PI3K阻害薬taselisib、進行乳がんの予後改善

error in template: found but mtif was expected