メニューを開く 検索を開く ログイン

食物アレルギーの予後不良例はこう対応

食物ごとに小児期の即時型を検討

 2018年07月12日 06:20
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 食物アレルギーの小児患者は多くが成長とともに耐性を獲得するものの、予後不良なケースもある。国立病院機構相模原病院小児科医長の柳田紀之氏は、小児期の代表的な即時型食物アレルギーである鶏卵、牛乳、小麦によるアレルギー疾患の予後と予後不良例への介入方法について、第67回日本アレルギー学会(6月22~24日)で論じた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  アレルギー »  食物アレルギーの予後不良例はこう対応