メニューを開く 検索を開く ログイン

超希少疾患患者が社会の中で生きる姿

患者の織田友理子氏が医療従事者を前に講演

 2018年07月16日 07:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 希少疾患に対する認知の向上に加えて、希少疾患患者が社会の中で生きていく経験を共有することの重要性を指摘している東京大学教養教育高度化機構科学技術インタープリター養成部門が、医学部生や医療従事者などを対象に、希少疾患に関する対話の場を設けた。演者として登壇したNPO法人「遠位型ミオパチー患者会〔PADM(パダム)〕」代表で同疾患患者でもある織田友理子氏は、疾患とともに社会の中で生きようと挑戦する患者の内面に医療従事者が触れることの意義を述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  イベント »  超希少疾患患者が社会の中で生きる姿