メニューを開く 検索 ログイン

超希少疾患患者が社会の中で生きる姿

患者の織田友理子氏が医療従事者を前に講演

2018年07月16日 07:00

9名の医師が参考になったと回答 

 希少疾患に対する認知の向上に加えて、希少疾患患者が社会の中で生きていく経験を共有することの重要性を指摘している東京大学教養教育高度化機構科学技術インタープリター養成部門が、医学部生や医療従事者などを対象に、希少疾患に関する対話の場を設けた。演者として登壇したNPO法人「遠位型ミオパチー患者会〔PADM(パダム)〕」代表で同疾患患者でもある織田友理子氏は、疾患とともに社会の中で生きようと挑戦する患者の内面に医療従事者が触れることの意義を述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  イベント »  超希少疾患患者が社会の中で生きる姿

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで