メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  【解説】遺伝性低リン血症治療薬burosumab

【解説】遺伝性低リン血症治療薬burosumab

国際共同第Ⅲ相臨床試験

 2018年07月17日 06:20
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕遺伝子の異常によって慢性的な低リン血症を来し、骨の石灰化が障害されるX染色体伴性低リン血症くる病・骨軟化症(XLH)。不明であったXLHにおける慢性低リン血症の原因因子として、線維芽細胞増殖因子(FGF)23が見いだされた(関連記事:【キーワード】FGF23 )。わが国で開発されたFGF23を阻害する完全ヒト型抗体医薬burosumabについて、今回、日本人を含む成人XLH患者を対象とした国際共同第Ⅲ相臨床試験の成績がJ Bone Miner Res2018年6月26日オンライン版、関連記事:「日本発のburosumab 、XLHのリン濃度を改善」)に発表された。論文の共著者で東京大学病院腎臓・内分泌内科/同大学病院骨粗鬆症センター副センター長の伊東伸朗氏に、現行の治療法を交えつつ、burosumabの有効性や意義などについて解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  【解説】遺伝性低リン血症治療薬burosumab

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08515067 有効期限:8月末まで