メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  原発性胆汁性胆管炎のQOLに緯度が影響?

原発性胆汁性胆管炎のQOLに緯度が影響?

4カ国の国際横断研究

 2018年07月18日 06:20
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 原発性胆汁性胆管炎(PBC)患者では、さまざまな自覚症状のために健康関連QOLが損なわれており、中でも疲労感、皮膚瘙痒感、認知能力低下、社会適応能力低下などの影響が大きい。帝京大学内科学講座の八木みなみ氏は、PBC患者のQOLについて英国、イタリア、スペイン、日本の4カ国で国際横断研究を行い、「英国でQOLが低い傾向が見られたことから、緯度が影響を及ぼす可能性が考えられる」と第54回日本肝臓学会(6月14〜15日)で報告した。〔読み解くためのキーワード:原発性胆汁性胆管炎(PBC)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  原発性胆汁性胆管炎のQOLに緯度が影響?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05515082 有効期限:5月末まで