メニューを開く 検索を開く ログイン

これが次世代の治療室だ

医療機器・設備を連携、情報を一元管理

 2018年07月19日 09:30
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本医療研究開発機構(AMED)はこのほど、治療室内の医療機器・設備を連携させた「スマート治療室」のスタンダードモデルを信州大学に設置したと発表した。通常の治療室では医療機器・設備は独立して機能しており手術映像ぐらいしか保存されない。スマート治療室では、これらを接続・連携させ、同じ時系列で整理統合、手術情報を一元管理することで、手術精度や安全性の向上が期待できる。同大学での完成に合わせて、東京女子医科大学が2016年に設置したハイパーモデル(プロトタイプ)がメディアに公開された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  これが次世代の治療室だ

error in template: found but mtif was expected