メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  食道温存を希望する患者の予後を改善

食道温存を希望する患者の予後を改善

Ⅱ/Ⅲ期の食道がんに根治的化学放射線療法±救済治療が有用

 2018年07月19日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 Ⅱ/Ⅲ期の食道がんで食道温存を希望する患者を対象に、根治的化学放射線療法を先行し、救済治療として内視鏡治療または外科切除術を行う治療法を評価した検証的非ランダム化試験JCOG0909から、有害事象の低減と予後の改善が期待できる結果が示された。昭和大学放射線治療学部門准教授の伊藤芳紀氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018、6月1~5日、シカゴ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  食道温存を希望する患者の予後を改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10515111 有効期限:10月末まで