メニューを開く 検索 ログイン

がん関連神経障害性疼痛へ抗うつ薬の有用性

デュロキセチンの有用性をランダム化比較試験で検証

2018年07月19日 09:31

5名の医師が参考になったと回答 

21313_ph1.jpg

 がん患者で生じるがん関連神経障害性疼痛(Cancer-related neuropathic pain;CNP)は、オピオイドに抵抗性かつ難治性であることが少なくない。こうしたオピオイドで鎮痛効果が得られない持続痛のあるがん患者において、疼痛管理は重要な臨床課題とされている。近畿大学内科学教室心療内科部門/同大学病院がんセンター緩和ケアセンター講師の松岡弘道氏、国立がん研究センター中央病院緩和医療科科長の里見絵理子氏らは、がん患者のCNPに対する抗うつ薬デュロキセチンの有用性の検証を目的に国内多施設二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験JORTC-PAL08(DIRECT試験)を実施。その結果、CNPに対しデュロキセチンは一定の効果を示したことを米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018、6月1~5日、シカゴ)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん関連神経障害性疼痛へ抗うつ薬の有用性

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで