メニューを開く 検索 ログイン

女性透析患者における妊娠と出産の実情

約20年ぶりに1,992例対象の全国調査を実施

 2018年07月20日 06:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 女性維持透析患者の妊娠と出産については、医療従事者と患者の双方とも、意識が高いとは言い難い現状にある。さらに、1996年の全国調査から約20年が経過しており、情報の改定を行い、正確な知識の普及や選択肢の提示につなげることが求められている。こうした背景を踏まえ、静岡県立総合病院腎臓内科の平野寛子氏、上田知未氏らは、国内の女性維持透析患者の妊娠および出産の実態調査を行い、その結果を第63回日本透析医学会(6月29日~7月1日)で報告した。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  女性透析患者における妊娠と出産の実情