メニューを開く 検索を開く ログイン

メタボ対策に機能性「牛丼の具」

 2018年07月20日 16:55
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 生活習慣病の予防をうたった機能性表示食品を開発する動きが外食・中食産業にも広がっている。吉野家ホールディングスグループ商品本部素材開発部部長の辻智子氏(農学博士)は第18回日本Men's Health医学会(7月14~15日)で、同社が開発した3種類の機能性表示食品を紹介した。「日本人の主な死因である心疾患、脳血管疾患は生活習慣に起因するため、外食が日本人の健康に果たす役割は非常に大きい。メタボ対策に役立つ機能性表示食品の開発を通して、外食の立場から生活習慣病の予防に貢献していきたい」と述べた。〔読み解くためのキーワード:機能性表示食品

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  メタボ対策に機能性「牛丼の具」