メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  米国で腸炎ビブリオ感染が流行

米国で腸炎ビブリオ感染が流行

感染源はベネズエラから輸入のカニ肉の可能性

 2018年07月20日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 腸炎ビブリオの走査型電子顕微鏡写真(Wikipediaより)

 米疾病対策センター(CDC)は、米国内で腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)感染が流行していると発表。CDC、米食品医薬品局(FDA)、州および地方の保健当局が今回の流行について調査中だという。今年(2018年)7月12日現在、12例の感染(うち4例が入院)が報告されているが、死亡例の報告はない。CDCは「今回の感染流行は、ベネズエラから輸入された生のカニ肉が原因である可能性が高い」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

長引く千葉県の停電、責任はどこに

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  米国で腸炎ビブリオ感染が流行

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09515160 有効期限:9月末まで