メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

C型肝炎、DAA治療後の肝発がん予防に亜鉛

 2018年07月23日 06:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 C型肝炎患者ではインターフェロン(IFN)フリー直接作用型抗ウイルス薬(DAA)治療により高いウイルス学的著効(SVR)達成率が得られるようになった。しかし、ウイルスの排除により肝細胞がんリスクが改善するか否か、またSVR達成率後の危険因子などは明らかにされていない。大阪労災病院(堺市)消化器内科肝臓内科部長の法水淳氏は、IFNフリーDAA投与によりSVRが得られた後の肝発がんと亜鉛の影響について検討。「血中亜鉛濃度が肝発がんと関連しており、亜鉛製剤の投与がSVR達成後の発がんを抑制できる可能性が示された」と第54回日本肝臓学会(6月14〜15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  C型肝炎、DAA治療後の肝発がん予防に亜鉛

error in template: found but mtif was expected