メニューを開く 検索を開く ログイン

高齢運転者は赤信号でイライラ増

 2018年07月23日 06:15
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日本では、高齢化に伴い、自動車免許を保有する高齢者が増加。高齢ドライバーによる事故の報道もたびたび耳にする。名古屋大学大学院情報学研究科准教授の川合伸幸氏らの研究グループは、高齢者と学生を対象に、大型の運転シミュレーターを使った模擬運転による実験を実施。心理状態や脳血流の変化から、運転中の「怒り」を評価した。その結果、高齢者は運転中に赤信号が続くと怒りを感じやすいことが明らかになったと、Jpn Psychol Res7月9日)に発表した。イライラする交通状況において、高齢者が怒りを感じやすいことを実験的に示したのは、同研究が初となる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  高齢運転者は赤信号でイライラ増