メニューを開く 検索を開く ログイン

レム睡眠の増加で認知機能が改善?

 2018年07月24日 06:10
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 睡眠については、いわゆる深い睡眠とされるノンレム睡眠に比べて、浅い眠りとされるレム睡眠に対する理解はあまり深まっていない。第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ 12、7月5~7日)で筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)主任研究者で准教授の林悠氏は、以前に同氏らの研究班が明らかにしたレム睡眠を制御する神経細胞群についてあらためて解説するとともに、それらを介してレム睡眠を増加させる新しいアプローチ法がパーキンソン病(PD)に伴うレム睡眠行動障害(RBD)や認知機能の改善に寄与する可能性について言及した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  レム睡眠の増加で認知機能が改善?

error in template: found but mtif was expected