メニューを開く 検索を開く ログイン

院外心停止例へのエピネフリンに暗雲

生存率上昇も神経学的予後は改善せず

 2018年07月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

43名の先生が役に立ったと考えています。

 院外心停止例に対する心肺蘇生(CPR)中のエピネフリン(アドレナリン)投与の有効性について検討するため、英・University of WarwickのGavin D. Perkins氏らが実施したランダム化比較試験(RCT)PARAMEDIC2の結果がN Engl J Med2018年7月18日オンライン版)に発表された。同試験では、プラセボと比べてエピネフリンの投与により自発循環の再開率や30日後の生存率は上昇したが、神経学的に良好な生存率の向上は認められなかった。この報告を受け、ガイドラインで心停止例に対するCPR中のエピネフリン投与を提案している国際蘇生連絡委員会(ILCOR)は7月19日、声明を発表。試験データを検証した上で、現行ガイドラインの改訂の必要性について検討することを明らかにしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  院外心停止例へのエピネフリンに暗雲

error in template: found but mtif was expected