メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  院外心停止例へのエピネフリンに暗雲

院外心停止例へのエピネフリンに暗雲

生存率上昇も神経学的予後は改善せず

 2018年07月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

43名の先生が役に立ったと考えています。

 院外心停止例に対する心肺蘇生(CPR)中のエピネフリン(アドレナリン)投与の有効性について検討するため、英・University of WarwickのGavin D. Perkins氏らが実施したランダム化比較試験(RCT)PARAMEDIC2の結果がN Engl J Med2018年7月18日オンライン版)に発表された。同試験では、プラセボと比べてエピネフリンの投与により自発循環の再開率や30日後の生存率は上昇したが、神経学的に良好な生存率の向上は認められなかった。この報告を受け、ガイドラインで心停止例に対するCPR中のエピネフリン投与を提案している国際蘇生連絡委員会(ILCOR)は7月19日、声明を発表。試験データを検証した上で、現行ガイドラインの改訂の必要性について検討することを明らかにしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  院外心停止例へのエピネフリンに暗雲

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12515204 有効期限:12月末まで