メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

Ⅲ期肺がん維持療法に抗PD-L1抗体が導入

デュルバルマブの臨床上の価値と役割を解説

 2018年07月27日 06:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-L1抗体デュルバルマブ(商品名イミフィンジ)が今月(2018年7月)2日、「切除不能な局所進行の非小細胞肺がん(NSCLC)における根治的化学放射線療法後の維持療法」を効果・効能として承認された。NSCLC治療においては、Ⅳ期の患者に対する画期的な新薬が相次いで登場していたが、Ⅲ期の患者では約20年間標準治療に進展がなかった。今回のデュルバルマブは、Ⅲ期の患者を適応とした承認となる。7月23日に東京都で開かれた記者発表会(主催=アストラゼネカ)では、近畿大学内科学腫瘍内科部門教授の中川和彦氏が「デュルバルマブ承認により、肺がん治療は極めて重要な転換期を迎えた」と述べ、臨床に与えるインパクトなどについて解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期肺がん維持療法に抗PD-L1抗体が導入

error in template: found but mtif was expected