メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期肺がん維持療法に抗PD-L1抗体が導入

Ⅲ期肺がん維持療法に抗PD-L1抗体が導入

デュルバルマブの臨床上の価値と役割を解説

 2018年07月27日 06:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-L1抗体デュルバルマブ(商品名イミフィンジ)が今月(2018年7月)2日、「切除不能な局所進行の非小細胞肺がん(NSCLC)における根治的化学放射線療法後の維持療法」を効果・効能として承認された。NSCLC治療においては、Ⅳ期の患者に対する画期的な新薬が相次いで登場していたが、Ⅲ期の患者では約20年間標準治療に進展がなかった。今回のデュルバルマブは、Ⅲ期の患者を適応とした承認となる。7月23日に東京都で開かれた記者発表会(主催=アストラゼネカ)では、近畿大学内科学腫瘍内科部門教授の中川和彦氏が「デュルバルマブ承認により、肺がん治療は極めて重要な転換期を迎えた」と述べ、臨床に与えるインパクトなどについて解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期肺がん維持療法に抗PD-L1抗体が導入

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08515211 有効期限:8月末まで