メニューを開く 検索 ログイン

Ⅲ期肺がん維持療法に抗PD-L1抗体が導入

デュルバルマブの臨床上の価値と役割を解説

2018年07月27日 06:05

8名の医師が参考になったと回答 

 免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-L1抗体デュルバルマブ(商品名イミフィンジ)が今月(2018年7月)2日、「切除不能な局所進行の非小細胞肺がん(NSCLC)における根治的化学放射線療法後の維持療法」を効果・効能として承認された。NSCLC治療においては、Ⅳ期の患者に対する画期的な新薬が相次いで登場していたが、Ⅲ期の患者では約20年間標準治療に進展がなかった。今回のデュルバルマブは、Ⅲ期の患者を適応とした承認となる。7月23日に東京都で開かれた記者発表会(主催=アストラゼネカ)では、近畿大学内科学腫瘍内科部門教授の中川和彦氏が「デュルバルマブ承認により、肺がん治療は極めて重要な転換期を迎えた」と述べ、臨床に与えるインパクトなどについて解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期肺がん維持療法に抗PD-L1抗体が導入