メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  薬アレルギー歴でMRSA感染リスクが上昇か?

薬アレルギー歴でMRSA感染リスクが上昇か?

【海外短報】

 2018年07月29日 07:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ペニシリンアレルギー歴がある患者はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)やClostridium difficileC. difficile)に感染するリスクが高く、このリスクにはβラクタム系薬以外の抗菌薬の使用増加が関係していると、米国のグループがBMJ2018; 361: k2400)に発表した。

 同グループは、英国のプライマリケア受診患者を登録したTHINデータベースを用いて、ペニシリンアレルギーとMRSAおよびC. difficile感染症との関係を検討した。対象は、1995~2015年に同データベースに登録されたMRSAおよびC. difficile感染症の既往がない成人30万1,399例。このうち6万4,141例はペニシリンアレルギー歴がある患者、23万7,258例は年齢、性、登録時期をマッチさせた対照患者であった。

 平均6.0年の追跡期間中に1,365例(ペニシリンアレルギー群442例、対照群923例)がMRSA感染症、1,688例(同442例、1,246例)がC. difficile感染症を発症した。対照群に対するペニシリンアレルギー群の補正ハザード比は、MRSA感染症が1.69(95%CI 1.51~1.90)、C. difficile感染症が1.26(同1.12~1.40)といずれも有意に高かった。

 ペニシリンアレルギー群のマクロライド系薬、クリンダマイシン、フルオロキノロン系薬使用の補正率比はそれぞれ4.15、3.89、2.10と有意に高く、βラクタム系薬以外の抗菌薬の使用増加がMRSAおよびC. difficile感染症リスク上昇と関連していた。

(編集部)

4名の先生が役に立ったと考えています。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

消費増税前の駆け込み購入、何を?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  薬アレルギー歴でMRSA感染リスクが上昇か?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08515120 有効期限:8月末まで