メニューを開く 検索 ログイン

AIによる皮膚腫瘍の鑑別、専門医より正確に

画像用いた学習で14種を識別可能

2018年07月30日 06:10

14名の医師が参考になったと回答 

 皮膚疾患の診断において視診は重要である。しかし、"悪性黒色腫"と"ホクロ"のように非常に外見が似通い、視診による鑑別が難しいケースもあるため、これまで画像診断技術を用いた鑑別に関する研究が行われてきた。筑波大学皮膚科教授の藤本学氏らは、人工知能(AI)を利用した皮膚腫瘍の診断補助システムを開発した。同システムでは、AIの学習に必要な画像数を従来の半数以下に抑えつつ、一般的な皮膚科専門医より正確に14種の皮膚腫瘍を鑑別診断できたという。この研究成果はBr J Dermatol2018年6月14日オンライン版)に掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  AIによる皮膚腫瘍の鑑別、専門医より正確に