メニューを開く 検索を開く ログイン

金井飛行士が宇宙で実施した研究内容を報告

国内での実施はマウスに関して世界初の業績を2つ

 2018年07月30日 16:55
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 168日間の長期宇宙滞在を終え、今年(2018年)6月3日に地球に帰還した宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の金井宣茂氏が7月26日、東京都の昭和女子大学でミッション報告会を行った。報告会では、同氏が国際宇宙ステーション(ISS)滞在中に取り組んだ宇宙医学実験が取り上げられ、マウスの飼育実験で世界初となる2つの業績が紹介された(関連記事「初フライト控え金井宇宙飛行士が会見」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  金井飛行士が宇宙で実施した研究内容を報告