メニューを開く 検索 ログイン

透析がん患者における抗がん薬治療の実態調査

2018年07月31日 06:00

9名の医師が参考になったと回答 

 維持透析患者に対する抗がん薬治療においては、腎機能が正常な患者とは薬物動態が異なるため、用量や透析のタイミングを慎重に判断する必要がある。しかし、症例数の少なさなどから臨床試験はほとんど行われていないため、適切な投与方法や安全性に関するエビデンスは十分でなく、過去の症例報告を基に投与方法を決定しているのが現状である。そこで、京都大学病院腫瘍内科の船越太郎氏らは、わが国の透析患者における抗がん薬治療の現状を明らかにする目的で実態調査を行い、その結果を第63回日本透析医学会(6月29日~7月1日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  透析がん患者における抗がん薬治療の実態調査

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD515208 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外