メニューを開く 検索を開く ログイン

透析がん患者における抗がん薬治療の実態調査

 2018年07月31日 06:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 維持透析患者に対する抗がん薬治療においては、腎機能が正常な患者とは薬物動態が異なるため、用量や透析のタイミングを慎重に判断する必要がある。しかし、症例数の少なさなどから臨床試験はほとんど行われていないため、適切な投与方法や安全性に関するエビデンスは十分でなく、過去の症例報告を基に投与方法を決定しているのが現状である。そこで、京都大学病院腫瘍内科の船越太郎氏らは、わが国の透析患者における抗がん薬治療の現状を明らかにする目的で実態調査を行い、その結果を第63回日本透析医学会(6月29日~7月1日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  透析がん患者における抗がん薬治療の実態調査