メニューを開く 検索を開く ログイン

新規MAO-B阻害薬、早期PDの長期有効性は?

 2018年08月01日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 パーキンソン病(PD)はアルツハイマー病(AD)に次いで頻度が高い中枢神経変性疾患であり、日本人の有病率は人口10万人当たり100~150人と推定されている。順天堂大学脳神経内科教授の服部信孝氏らは、早期PD患者を対象に選択的モノアミン酸化酵素B(MAO-B)阻害薬ラサギリンの長期投与における安全性と有効性を検討。安全性に大きな問題は認められず、長期にわたりPDの運動症状を改善したことを第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ 12、7月5~7日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  新規MAO-B阻害薬、早期PDの長期有効性は?