メニューを開く 検索

褐色細胞腫に初の治療薬承認、FDA

2018年08月02日 06:05

12名の医師が参考になったと回答 

 米食品医薬品局(FDA)は、12歳以上の切除不能な褐色細胞腫(または傍神経節腫)患者に対する初の治療薬としてiobenguane ヨウ素(I)131(商品名Azedra)を承認したと発表した。褐色細胞腫(副腎腫瘍)、傍神経節腫(副腎外腫瘍)は交感神経系の細胞に発現するまれな神経内分泌腫瘍。原発腫瘍部位から転移しやすく、全身の抗がん治療が必要とされる。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  褐色細胞腫に初の治療薬承認、FDA