メニューを開く 検索を開く ログイン

褐色細胞腫に初の治療薬承認、FDA

 2018年08月02日 06:05
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は、12歳以上の切除不能な褐色細胞腫(または傍神経節腫)患者に対する初の治療薬としてiobenguane ヨウ素(I)131(商品名Azedra)を承認したと発表した。褐色細胞腫(副腎腫瘍)、傍神経節腫(副腎外腫瘍)は交感神経系の細胞に発現するまれな神経内分泌腫瘍。原発腫瘍部位から転移しやすく、全身の抗がん治療が必要とされる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  褐色細胞腫に初の治療薬承認、FDA