メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  スタチンによる肝障害の対策基準は?

スタチンによる肝障害の対策基準は?

2018年08月06日 06:10

17名の医師が参考になったと回答 

 スタチンの服用に伴い数%の症例で出現する肝障害は、ほとんどの場合が軽度かつ一過性のものであるが、まれに肝不全や自己抗体陽性の自己免疫性肝炎を発症するケースがある。日本動脈硬化学会のワーキンググループでは、肝障害を含むスタチン不耐の診療指針を近く発表する予定であるが、慶應義塾大学薬物治療学教授の齋藤英胤氏は発表に先立ち、スタチンによる肝障害の現状とその対策について、第50回日本動脈硬化学会(7月12~14日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  スタチンによる肝障害の対策基準は?