メニューを開く 検索を開く ログイン

スタチンによる肝障害の対策基準は?

 2018年08月06日 06:10
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 スタチンの服用に伴い数%の症例で出現する肝障害は、ほとんどの場合が軽度かつ一過性のものであるが、まれに肝不全や自己抗体陽性の自己免疫性肝炎を発症するケースがある。日本動脈硬化学会のワーキンググループでは、肝障害を含むスタチン不耐の診療指針を近く発表する予定であるが、慶應義塾大学薬物治療学教授の齋藤英胤氏は発表に先立ち、スタチンによる肝障害の現状とその対策について、第50回日本動脈硬化学会(7月12~14日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  スタチンによる肝障害の対策基準は?