メニューを開く 検索を開く ログイン

小児期のCT検査で脳腫瘍リスクが上昇

オランダ・16万人の後ろ向きコホート研究

 2018年08月07日 06:05
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 オランダがん研究所のJ. M. Meulepas氏らは、小児期にCT検査を受けた約16万人の後ろ向きコホート研究の結果、追跡終了時に脳の平均累積吸収線量が38.5mGyに達しており、脳腫瘍リスクが上昇することが示されたとJ Natl Cancer Inst2018年7月18日オンライン版)に発表した。一方、骨髄の累積吸収線量は比較的少なく、CT関連放射線被曝と白血病との関連は認められなかった(関連記事「小児期のCT検査で白血病,脳腫瘍リスク上昇」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  小児期のCT検査で脳腫瘍リスクが上昇

error in template: found but mtif was expected