メニューを開く 検索 ログイン

小児期のCT検査で脳腫瘍リスクが上昇

オランダ・16万人の後ろ向きコホート研究

2018年08月07日 06:05

16名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 オランダがん研究所のJ. M. Meulepas氏らは、小児期にCT検査を受けた約16万人の後ろ向きコホート研究の結果、追跡終了時に脳の平均累積吸収線量が38.5mGyに達しており、脳腫瘍リスクが上昇することが示されたとJ Natl Cancer Inst2018年7月18日オンライン版)に発表した。一方、骨髄の累積吸収線量は比較的少なく、CT関連放射線被曝と白血病との関連は認められなかった(関連記事「小児期のCT検査で白血病,脳腫瘍リスク上昇」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  小児期のCT検査で脳腫瘍リスクが上昇

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD515376 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外