メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

第三世代のEGFR-TKIを用いた肺がん治療戦略

オシメルチニブの治療シークエンスには改善の余地

 2018年08月08日 06:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、第三世代のEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)であるオシメルチニブ以外のEGFR-TKIを一次治療で使用した場合、オシメルチニブによる一次治療と同等の無増悪生存期間(PFS、PFS2)を得るためには、二次治療で患者の60%にオシメルチニブを投与するか、一次治療でPFSを14カ月以上得る必要があり、検討の余地がある可能性が示された。静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科医長の釼持広知氏がシミレーションを用いた治療シークエンスの検討について、第16回日本臨床腫瘍学会(7月19~21日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  第三世代のEGFR-TKIを用いた肺がん治療戦略

error in template: found but mtif was expected