メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  第三世代のEGFR-TKIを用いた肺がん治療戦略

第三世代のEGFR-TKIを用いた肺がん治療戦略

オシメルチニブの治療シークエンスには改善の余地

 2018年08月08日 06:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、第三世代のEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)であるオシメルチニブ以外のEGFR-TKIを一次治療で使用した場合、オシメルチニブによる一次治療と同等の無増悪生存期間(PFS、PFS2)を得るためには、二次治療で患者の60%にオシメルチニブを投与するか、一次治療でPFSを14カ月以上得る必要があり、検討の余地がある可能性が示された。静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科医長の釼持広知氏がシミレーションを用いた治療シークエンスの検討について、第16回日本臨床腫瘍学会(7月19~21日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

第4次安倍第2次改造内閣発足

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  第三世代のEGFR-TKIを用いた肺がん治療戦略

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09515358 有効期限:9月末まで