メニューを開く 検索を開く ログイン

レビー小体認知症、認知障害以外も積極治療

 2018年08月09日 06:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 レビー小体型認知症(DLB)は認知機能障害だけでなく、パーキンソニズム、自律神経障害などの非運動症状も見られ、これらも治療標的となる。関東中央病院(東京都)神経内科統括部長の織茂智之氏は第33回日本老年精神医学会(6月29~30日)で、DLBの運動症状と非運動症状について解説、「日常生活動作(ADL)の障害となることから積極的に治療を行うべきだが、認知機能や精神症状を悪化させないことが大切」と治療における基本的姿勢を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  レビー小体認知症、認知障害以外も積極治療