メニューを開く 検索を開く ログイン

有用な人工呼吸器の遠隔監視システム

リアルタイムでアラーム内容の確認が可能に

 2018年08月10日 06:15
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 人工呼吸器のトラブルに迅速に対処するためには、医療従事者がアラーム内容を迅速に把握する必要がある。山形大学病院臨床工学部主任臨床工学技士の吉岡淳氏は、人工呼吸器を遠隔監視でき、不具合が生じた場合はリアルタイムでアラーム内容を確認できる人工呼吸器遠隔監視システム(以下、コールシステム)を開発した。検証試験の結果、人工呼吸器装着患者の安全性の向上に有用であることを第40回日本呼吸療法医学会(8月4~5日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  有用な人工呼吸器の遠隔監視システム