メニューを開く 検索を開く ログイン

発がん物質混入の降圧薬、がんリスクを発表

欧州医薬品庁

 2018年08月14日 06:00
プッシュ通知を受取る

49名の先生が役に立ったと考えています。

 中国・Zhejiang Huahai Pharmaceuticalで製造された高血圧治療薬バルサルタンの原薬に、ヒトで発がんリスクがあるとされるN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が混入し回収された問題で、欧州医薬品庁(EMA)はがんリスクの推算結果を含むレビューを8月2日に発表した。NDMAが混入されたバルサルタンを高用量で7年間服用した場合のがん発症リスクは、5,000例に1件の割合であるという。日本では製造販売元であるあすか製薬が、昨年(2017年)9月に既に当該製品(バルサルタン錠『AA』」4種類)の販売を中止。今年7月、市場に残る全てを自主回収した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  安全性情報 »  発がん物質混入の降圧薬、がんリスクを発表

error in template: found but mtif was expected