メニューを開く 検索を開く ログイン

遺伝性乳がんに国内初の治療薬オラパリブ

 2018年08月16日 06:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 PARP阻害薬オラパリブ(商品名リムパーザ)が国内初の遺伝性乳がんの治療薬として、7月2日に承認(適応追加)を取得した。愛知県がんセンター中央病院乳腺科部長の岩田広治氏は、7月30日に東京都で開催されたアストラゼネカ主催のメディアセミナーで講演し、「オラパリブが乳がん治療に登場したことは、治療体系自体が変わる原動力になりうる。BRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能・再発乳がん患者が、長生きできる機会が増えた」と期待感を示した。

 

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  遺伝性乳がんに国内初の治療薬オラパリブ