メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  消化性潰瘍例、H. pylori除菌は早い方がいい

消化性潰瘍例、H. pylori除菌は早い方がいい

 2018年08月16日 11:50
プッシュ通知を受取る

48名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 消化性潰瘍の診断後は、7日以内にHelicobacter pyloriH. pylori)除菌治療を施行すべきかもしれない。スウェーデン・ Karolinska InstitutetのEmma Sverdén氏らは、消化性潰瘍の診断後7日以内にH. pylori除菌治療を行った人に比べ、それ以降に行った人では再発や胃がんのリスクが高まるとGastrointest Endosc(2018; 88: 242-250.e1)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  消化性潰瘍例、H. pylori除菌は早い方がいい

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09515488 有効期限:9月末まで