メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  PPI+アスピリンでバレット食道の転帰改善

PPI+アスピリンでバレット食道の転帰改善

大規模第Ⅲ相ランダム化比較試験

 2018年08月17日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 高用量のプロトンポンプ阻害薬(PPI)のエソメプラゾールとアスピリンの併用投与は、食道腺がんの危険因子であるバレット食道の患者において、全死亡、食道腺がん、高度異形成が発生するまでの期間を有意かつ安全に延長させる。英・Morecambe Bay University Hospitals NHS Foundation TrustのJausz A.Z. Jankowski氏らは、2×2ファクトリアルデザインで検討した第Ⅲ相ランダム化比較試験AspECTの結果をLancet2018; 392: 400-408)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  PPI+アスピリンでバレット食道の転帰改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10515442 有効期限:10月末まで