メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  食用コオロギが腸内環境を改善

食用コオロギが腸内環境を改善

米・コオロギパウダーで食事介入試験

2018年08月17日 06:15

21名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images LewisTsePuiLung ※画像はイメージです

 環境に優しい新たな食糧供給源として、食用昆虫が注目されている。米・University of Wisconsin-MadisonのValerie J Stull氏らは、健康成人20例を対象に、市販の食用コオロギパウダー(Gryllodes sigillatus)摂取が腸内細菌叢の組成に及ぼす影響について、パイロット・二重盲検クロスオーバーランダム化比較試験で検討。その結果、コオロギパウダー1日25g含有食の摂取は、プロバイオティクスの増殖を促進して腸内細菌叢のバランスを改善し、全身の炎症を軽減する可能性が示されたと、Sci Rep(2018; 8: 10762)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  食用コオロギが腸内環境を改善