メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ザリガニが蚊媒介疾患を増やす?

 2018年08月18日 06:00
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images SirWat ※画像はイメージです

 米国の南カリフォルニアでは、湿地の侵略者ザリガニ(ここでは全てアメリカザリガニを指す)の増加が深刻な問題となっている。米・University of California, Los Angeles(UCLA)のGary Bucciarelli氏らは「ザリガニの増加は、ヒトにも影響を与える世界的な問題だ」と述べている。ザリガニが水生生物を捕食することで、捕食者と獲物の関係を混乱させ、生態系のバランスを崩壊させるためボウフラ(蚊の幼虫)が増えて蚊媒介疾患の増加につながるという。詳細はConservation Biology(2018年8月6日オンライン版)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  ザリガニが蚊媒介疾患を増やす?