メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  ザリガニが蚊媒介疾患を増やす?

ザリガニが蚊媒介疾患を増やす?

 2018年08月18日 06:00
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images SirWat ※画像はイメージです

 米国の南カリフォルニアでは、湿地の侵略者ザリガニ(ここでは全てアメリカザリガニを指す)の増加が深刻な問題となっている。米・University of California, Los Angeles(UCLA)のGary Bucciarelli氏らは「ザリガニの増加は、ヒトにも影響を与える世界的な問題だ」と述べている。ザリガニが水生生物を捕食することで、捕食者と獲物の関係を混乱させ、生態系のバランスを崩壊させるためボウフラ(蚊の幼虫)が増えて蚊媒介疾患の増加につながるという。詳細はConservation Biology(2018年8月6日オンライン版)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

第4次安倍第2次改造内閣発足

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  ザリガニが蚊媒介疾患を増やす?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09515543 有効期限:9月末まで