メニューを開く 検索を開く ログイン

B型肝炎、経鼻治療ワクチンで抗原陰性化

 2018年08月20日 06:15
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 B型肝炎患者において核酸アナログ製剤(NUC)は著明なB型肝炎ウイルス(HBV)-DNA減少効果を示すが、HBs抗原とHBコア関連(cr)抗原(HBc抗原、HBe抗原、p22cr抗原)の陰性化の達成は困難で、服薬を継続する必要がある。近年、HBs抗原とHBc抗原を含む経鼻投与治療ワクチン(NASVAC)の開発により、HBs抗原の陰性化が期待される。愛媛大学大学院消化器・内分泌・代謝内科講師の吉田理氏らは、NASVACの治療効果を検討し、HBs抗原陰性化を目指した治療戦略の1つになりうると第54回日本肝臓学会(6月14〜15日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  B型肝炎、経鼻治療ワクチンで抗原陰性化

error in template: found but mtif was expected