メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  HPVワクチンの腫瘍内投与で皮膚がんが消失

HPVワクチンの腫瘍内投与で皮膚がんが消失

米・高齢女性の症例報告

 2018年08月20日 06:10
プッシュ通知を受取る

97名の先生が役に立ったと考えています。

 皮膚がんの一種である有棘細胞がん(扁平上皮がん)に罹患した90歳代の女性症例に対し、9価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンを全身投与し、さらに同ワクチンを腫瘍内に直接投与したところ、複数の腫瘍が全て消失したことを、米・University of MiamiのAnna J. Nichols氏らがJAMA Dermatol2018; 154: 927-930)で報告した。この経験を踏まえ、同氏らは「9価HPVワクチンは、手術不能の有棘細胞がんに対する治療選択肢の1つになりうる」と主張している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  HPVワクチンの腫瘍内投与で皮膚がんが消失

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09515440 有効期限:9月末まで