メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

計画分娩で低リスク妊婦の帝王切開を回避

米・オープンラベル多施設ランダム化比較試験ARRIVE

 2018年08月20日 06:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 健康な未経産婦では妊娠39週に計画分娩した場合、自然分娩と比べて周産期死亡または重度の新生児合併症の発生率を上昇させずに帝王切開率を低下させられる。米国立衛生研究所(NIH)傘下機関の国立小児保健発達研究所(NICHD)のWilliam A. Grobman氏らは「低リスクの未経産婦において、妊娠39週での選択的誘発分娩(計画分娩)は自然待機分娩と比べて周産期死亡または重度の新生児合併症の複合アウトカムリスクを低減させる」という仮説を検証するオープンラベル多施設ランダム化比較試験ARRIVEの結果をN Engl J Med2018; 379: 513-523)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  計画分娩で低リスク妊婦の帝王切開を回避

error in template: found but mtif was expected