メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん遺伝子検査が収載目前、課題は?

がん遺伝子検査が収載目前、課題は?

がん関連3学会合同ゲノム医療推進タスクフォースの活動報告

 2018年08月21日 06:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国でのがんゲノム医療の実装に向けて、今年(2018年)4月、がん関連遺伝子パネル検査システムを用いた検査が先進医療として承認された。同検査は、来年度には保険診療として中核拠点病院などで開始される見込みである。保険収載を目前に控え、がんゲノム医療への期待が高まる一方、実施に当たっての問題が次々と明らかになっている。そこで、わが国におけるがんゲノム医療の諸課題を解決し、臨床および社会実装に導くため、日本癌学会(JCA)、日本臨床腫瘍学会(JSMO)、日本がん治療学会(JSCO)の3学会による合同のゲノム医療推進タスクフォースが設置された。第16回日本臨床腫瘍学会(JSMO 2018、7月19日〜21日)では、初の3学会合同のシンポジウムが開催され、慶應義塾大学一般・消化器外科専任講師の林田哲氏がタスクフォースの活動について報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん遺伝子検査が収載目前、課題は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09515483 有効期限:9月末まで