メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  小児のCAR-T細胞療法、毒性管理にGL

小児のCAR-T細胞療法、毒性管理にGL

 2018年08月22日 06:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images KatarzynaBialasiewicz ※画像はイメージです

 米・University of Texas MD Anderson Cancer Center とPediatric Acute Lung Injury and Sepsis Investigators(PALISI)Networkのグループは、キメラ抗原受容体発現T(CAR-T)細胞療法を受ける小児患者の管理ガイドライン(GL)をNat Rev Clin Oncol(2018年8月6日オンライン版)に発表した。米国で同療法が小児および若年成人のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)患者に対する治療法として初めて承認されてから約1年が経過したが、高い寛解率が得られている一方で、サイトカイン放出症候群(CRS)などの毒性が問題となっていた。今回発表されたGLには、こうした毒性の管理を中心とした推奨項目がまとめられた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  小児のCAR-T細胞療法、毒性管理にGL

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11515534 有効期限:11月末まで