メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

経管栄養が重度認知症の生存期間を延長

 2018年08月22日 12:00
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 重度の認知症に対して経管栄養を導入すると肺炎発生率が減少し生命予後が延長すると、岡山大学大学院精神神経病態学の竹之下慎太郎氏が第33回日本老年精神医学会(6月29日~30日)で報告をした。岡山県内の精神科専門病院9施設と同大学が共同で後向きに行った研究で、重度認知症に対する経管栄養は肺炎発症リスクを高め生命予後を悪化させるという従来の見方に反する結果だった。同氏は「この報告は、重度認知症患者へ積極的に経管栄養の導入を勧めることを意図していない。経管栄養の導入を判断する際の一助となることを期待している」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  経管栄養が重度認知症の生存期間を延長