メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  経管栄養が重度認知症の生存期間を延長

経管栄養が重度認知症の生存期間を延長

 2018年08月22日 12:00
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 重度の認知症に対して経管栄養を導入すると肺炎発生率が減少し生命予後が延長すると、岡山大学大学院精神神経病態学の竹之下慎太郎氏が第33回日本老年精神医学会(6月29日~30日)で報告をした。岡山県内の精神科専門病院9施設と同大学が共同で後向きに行った研究で、重度認知症に対する経管栄養は肺炎発症リスクを高め生命予後を悪化させるという従来の見方に反する結果だった。同氏は「この報告は、重度認知症患者へ積極的に経管栄養の導入を勧めることを意図していない。経管栄養の導入を判断する際の一助となることを期待している」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  経管栄養が重度認知症の生存期間を延長

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06515548 有効期限:6月末まで