メニューを開く 検索を開く ログイン

美大とのコラボで臨床実習生の意欲が向上

 2018年08月22日 06:15
プッシュ通知を受取る

42名の先生が役に立ったと考えています。

 順天堂大学泌尿器科では、医学部6年生を対象としたBSL(臨床実習)の手術教育において、指導医らが学生の積極的な学習意欲を引き出すことに苦慮していた。そこで、同科准教授の磯谷周治氏が美術大学の助言をヒントに、手作りの解剖模型を用いて実際の手術を再現するアクティブラーニングを取り入れたところ、学生の意欲が高まり効果的な実習を行うことができたと、第50回日本医学教育学会(8月3~4日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  学会レポート »  美大とのコラボで臨床実習生の意欲が向上

error in template: found but mtif was expected