メニューを開く 検索 ログイン

乳がん患者の治療戦略にACPの活用を

患者の就労希望が明らかに

2018年08月23日 06:20

2名の医師が参考になったと回答 

 がん研究会有明病院(東京都)乳腺内科では、転移・再発乳がん患者が納得して自身の治療を全うできるよう、Advance Care Planning(ACP)を導入している。ACPにより患者の就労希望が明確になり、治療戦略の構築に役立っている状況について、同科医長の小林心氏が第16回日本臨床腫瘍学会(JSMO 2018、7月19~21日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  乳がん患者の治療戦略にACPの活用を