メニューを開く 検索 ログイン

2つの命と希望をつなぐ妊娠期乳がん治療

医療者はどのような方策を講じるべきか

2018年08月23日 06:20

21名の医師が参考になったと回答 

 聖路加国際病院(東京都)では約15年前から妊娠期乳がんに対する取り組みを行っており、妊娠期乳がん患者数は2005〜17年で計91例。最近では胃がん、悪性リンパ腫、腎がん、子宮頸がん、卵巣がんの妊娠期患者が訪れるようになったという。妊娠とがんを合併した場合、医療者はどのような方策を講じるべきか。妊娠期がん患者の治療に当たる同院腫瘍内科の北野敦子氏は、第16回日本臨床腫瘍学会(JSMO 2018、7月19~21日)で妊娠期乳がん治療を中心に解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  2つの命と希望をつなぐ妊娠期乳がん治療