メニューを開く 検索を開く ログイン

2つの命と希望をつなぐ妊娠期乳がん治療

医療者はどのような方策を講じるべきか

 2018年08月23日 06:20
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 聖路加国際病院(東京都)では約15年前から妊娠期乳がんに対する取り組みを行っており、妊娠期乳がん患者数は2005〜17年で計91例。最近では胃がん、悪性リンパ腫、腎がん、子宮頸がん、卵巣がんの妊娠期患者が訪れるようになったという。妊娠とがんを合併した場合、医療者はどのような方策を講じるべきか。妊娠期がん患者の治療に当たる同院腫瘍内科の北野敦子氏は、第16回日本臨床腫瘍学会(JSMO 2018、7月19~21日)で妊娠期乳がん治療を中心に解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  2つの命と希望をつなぐ妊娠期乳がん治療

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12515556 有効期限:12月末まで