メニューを開く 検索を開く ログイン

妊活男性はボクサータイプの下着着用を

下着選びで精子産生量に差

 2018年08月23日 11:35
プッシュ通知を受取る

85名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images RuslanOmega ※画像はイメージです

 ボクサータイプ、ブリーフ、ビキニ...男性が着用する下着の種類によって精子の産生量に差があることが分かった。米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのLidia Mínguez-Alarcón氏らは「普段からボクサータイプ(いわゆるトランクス)の下着を着用している男性は、他のタイプの下着を着用する男性と比べて有意に精子の濃度が高く、精子の総数も多かった」とHum Reprod(2018年8月8日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一都三県の緊急事態宣言は7日に解除すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  妊活男性はボクサータイプの下着着用を