メニューを開く 検索を開く ログイン

分娩直前の抗菌薬が児の腸内細菌叢に影響

その後のアレルギー疾患リスクが上昇?

 2018年08月24日 06:05
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 分娩直前の母体に対する抗菌薬投与が早期乳児での腸内細菌叢のビフィズス菌占有率を低下させることが順天堂大学などの研究で分かった。ビフィズス菌が少ない乳児ではアレルギー疾患の発症リスクが高くなる可能性が指摘されており、分娩直前の母体への抗菌薬投与がその原因となることが示唆される。しかし、分娩直前の抗菌薬投与は母子の安全を守るために必要であることから、こうしたケースではなんらかの介入方法の開発が望まれる。研究の詳細は、J Perinatol2018年7月24日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  分娩直前の抗菌薬が児の腸内細菌叢に影響

error in template: found but mtif was expected