メニューを開く 検索 ログイン

BRCA1/2陽性進行乳がんに有効な新規PARP阻害薬

talazoparibの第Ⅲ相ランダム化比較試験

2018年08月27日 13:45

13名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ポリ(ADP-リボース)合成酵素(PARP)阻害薬talazoparibは、BRCA1/2遺伝子変異陽性の進行乳がん患者において、標準的な化学療法と比べて無増悪生存期間(PFS)を有意に延長した。米・University of Texas M.D. Anderson Cancer CenterのJennifer K. Litton氏らは、オープンラベル第Ⅲ相ランダム化比較試験EMBRACAの結果をN Engl J Med2018年8月15日オンライン版)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  BRCA1/2陽性進行乳がんに有効な新規PARP阻害薬