メニューを開く 検索を開く ログイン

母乳哺育で母親の将来の脳卒中リスクが低減

米・閉経後女性8万人を追跡

 2018年08月27日 13:35
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of KansasのLisette T. Jacobson氏らは、Women's Health Initiative Observational Study(WHI-OS)に登録された閉経後女性約8万人のデータから、母乳哺育歴の有無と脳卒中発症との関係を調べた。その結果、母乳哺育経験は脳卒中の低リスクと関連していたことをJ Am Heart Assoc2018; 7: e008739)で報告した。(関連記事「母乳で青年期のアトピー性湿疹リスクが低下」「母乳哺育歴が子宮内膜症に保護的に作用」「長期母乳哺育で多発性硬化症発症が抑制」「母乳哺育歴で子宮体がんリスク低下」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  母乳哺育で母親の将来の脳卒中リスクが低減

error in template: found but mtif was expected