メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

妊婦の双極性障害、薬物中断で再発率高い

 2018年08月28日 14:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 女性では双極性障害の発症が妊娠可能年齢と重なることが多く、また双極性障害患者の妊孕率は比較的高いことから、双極性障害の妊婦・授乳婦を診察する機会は多い。東京医科歯科大学大学院心療・緩和医療学前教授の松島英介氏は、妊娠・授乳期の双極性障害における薬物療法の現状について第15回日本うつ病学会(7月27〜28日)で解説した。治療中断による再発率が高いため、薬剤の特徴を把握した上で治療を継続すべきだという。(関連記事:「若年双極性障害の薬物療法」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  妊婦の双極性障害、薬物中断で再発率高い

error in template: found but mtif was expected