メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  妊婦の双極性障害、薬物中断で再発率高い

妊婦の双極性障害、薬物中断で再発率高い

 2018年08月28日 14:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 女性では双極性障害の発症が妊娠可能年齢と重なることが多く、また双極性障害患者の妊孕率は比較的高いことから、双極性障害の妊婦・授乳婦を診察する機会は多い。東京医科歯科大学大学院心療・緩和医療学前教授の松島英介氏は、妊娠・授乳期の双極性障害における薬物療法の現状について第15回日本うつ病学会(7月27〜28日)で解説した。治療中断による再発率が高いため、薬剤の特徴を把握した上で治療を継続すべきだという。(関連記事:「若年双極性障害の薬物療法」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療とはサイエンスである。 だがしかし...

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  妊婦の双極性障害、薬物中断で再発率高い

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08515638 有効期限:8月末まで